社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

6月24日までに公開された精神社会福祉士・社会福祉士関連ニュースまとめ10


2019年6月16日〜6月24日までに公開された精神保健福祉士・社会福祉士が関連しているニュースを10まとめました。

 

 

 

 



 

福祉専門職支える超党派議連が発足 災害時や処遇改善など課題に

 

 

福祉の国家資格を持つ人の活動を支えることを目的とした超党派の議員連盟(会長=田村憲久・元厚生労働大臣)が6月6日、発足した。田村会長は、福祉専門職とは主に社会福祉士、精神保健福祉士、介護福祉士を指すとし「この3職種を支援しようというのがこの議連の趣旨。特に、災害時における専門職の活躍について、どのような形で環境を整えていくかが大きな課題だ」と話した。 

 三つの資格はいずれも名称独占の資格で、医療・福祉施設での配置が法令で義務付けられる例は少ない。資格保有が待遇に反映されるとは限らず、かねて任用拡大、処遇改善が課題とされてきた。

 

  

 

 

中流サラリーマンが“貧困老人”に…お金だけではない孤独問題

 

社会福祉士として高齢者問題に取り組んでいる松友了氏(社会支援ネット・早稲田すぱいく理事)が語る。 「社会的義務や組織にはめこまれていた人が引退してそこから放たれると、やることがなくなります。そして、よかれと思ってしたことが『高齢者クレーマー』や『老害』と叩かれてしまうこともある。社会から必要とされないことがつらいのです」

 

 

ミレニアル世代から教わる介護職の探究心

 

上智大学大学院を修了して、介護福祉士、社会福祉士、介護支援専門員の資格を取得しているもりちかさん。

介護の現場に勤めながら、講師やライターの活動も行っています。

 

 

相談窓口、全区市町村に 犯罪被害者支援で

 

ケアの内容や支援制度に詳しい社会福祉士や臨床心理士、精神保健福祉士といった専門職が相談に応じる窓口もあるが、こうした自治体は全体の5%にとどまる。 

 


 

透析開始直後に事前指示書に署名してもらうコツ

 

「この張り紙を見て、涙ぐむ家族もいた。多くの患者さんが安心したと言ってくれた」と振り返るのは、同院で医療相談員として勤務する社会福祉士/介護福祉士の藤原久子氏だ。

 


 

育児「やってるぜ感」抑えた1年 妻から好評、でも…新たなモヤモヤ

 

話を聞いたのは、精神保健福祉士の資格を持つ川島達史さん(38)。25歳のときに立ち上げた、「ダイレクトコミュニケーション」という会社の代表取締役を務めています。「社会の様々な問題の根底にはコミュニケーション能力が関係している」という前提に立ち、傾聴や心理療法の講座などを開いています。

 


 

メンタルヘルステクノロジーズ、業界初の「医療機関特化型 ELPIS-オンラインカウンセリング」を2019年7月1日(月)提供開始

 

今回の「医療機関特化型ELPIS-オンラインカウンセリング」に加え、社会医療法人財団 董仙会の基本理念である「職員の健康と幸せ 私達は、董仙会の発展を通じ、職員の健康と幸せを築きます」の実現をサポートすべく、グループ法人の全職員(けいじゅヘルスケアシステム約1,800名)を対象とし、臨床心理士・精神保健福祉士・産業カウンセラーに24時間365日専用フリーダイヤルで相談できる「恵寿こころの相談室」も、2019年7月1日(月)より提供を開始します。

 


 

東京メディカルサービスとストレスチェック事業に関して業務提携を開始

 

 

産業カウンセラーや精神保健福祉士などの産業健康エキスパートによるメンタル相談窓口も開設しており、10人に1人とも言われる、メンタルヘルスの問題を抱えている従業員が増加している現代社会において、企業が成長していく上で従業員の健康をサポートする際に必ず必要になってくる産業医を選任するという「健康経営」に取組む事業場を増やし、メンタルヘルスの問題を少しでも解決できるサポートを行っていけるよう、事業者様と一緒に歩んでいきます。 

 

 

 

「まるで介護」留置17日間 76歳、車椅子の万引容疑者 手探りの現場

 

罪を犯した障害者の支援に取り組む山西信裕弁護士(福岡)は「弁護士の要請に応じて、容疑者の接見に社会福祉士も公費で派遣する仕組みが必要」と訴える。

 

 

 

下記記事の筆者が社会福祉士