社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

これから初めて勉強を開始する方へ


本試験まで一ヶ月を切ったこのタイミングになって、ようやく勉強を開始した方もいらっしゃるかもしれません。

仕事や学業に追われる日々で、今になって自由な時間が作れた、あるいは精神的に受験モードになれた方もいるのではないでしょうか。


こんなスロースターターな自分が合格できるのだろうか。

今からじゃ間に合わないし、今年は記念受験ということにしておいて、来年受かればいいかな。


残された時間の短さから、早くもお手上げ状態の方もいらっしゃるかもしれません。

でも、せっかく受験料を払って本番に臨めるチャンスがあるのですから、ここで諦めるのは早いです。

以前紹介した私の周りの合格者の中にも、一ヶ月未満の短期集中学習で合格を果たされた方もいました。

試験日まで逆算して日数が少ないからこそ、焦燥感、危機感、プレッシャーが起爆剤となれば、集中的に取り組めます。

この時期から合格ライン突破を目指すのならば、やはり一にも二にも過去問を解きまくってください。
とにかく大量に、間違えた問題だけ重点的に反復学習を繰り返すのです。

例えるならば剣道や卓球の素振りのように、一問一問を反射的に、確実に打ち返せるように体力を養うのです。

その鍛練の成果は、本試験でも確実に活かせるはずです。

万が一ギリギリ不合格になっても、短期間でそこまで努力できた経験は、次につながるはずです。

社会福祉士試験は最後の最後まで諦めずに足掻き続けれられた者が合格を勝ち取れます。

ぜひこのラストスパートを駆け抜けてみませんか。