社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

過去問で効率的に突破する宅建試験勉強法の紹介


過去問で効率的に突破する!「宅建試験」勉強法 』 松村 保誠著




本書は当ブログが推奨している「過去問を使って合格を目指す」「一問一答式勉強法」の原型を教えてもらえた一作です。
いわばひよっこの自分が私淑としてきた師匠的作品でもあります。

「過去問を読むだけで無理なく無駄なく勉強できる最効の学習方法」
「何度挑戦してもダメだった人も三ヶ月以内で絶対合格を目指す」

と、キャッチコピーが書かれているように、再受験独学学習での合格を目指す私にとって、曙光が見えた一冊でした。

この作品の教えを原点として、勉強法を確立したことで、宅建にリベンジ合格を果たしました。

イラストや図表をふんだんに使って、具体的に勉強に活かす活用術が丁寧に解説されています。

付録には、宅建資格の意義や、宅建合格後の独立開業についてなど、宅建資格を活かす成功ノウハウが載せられています。

もちろん、社会福祉士試験も、この宅建勉強法を土台にしたやり方で合格できているので、社会福祉士の学習法としても推薦します。


筆者は、宅建最短合格講座を開講している他、資格学校などの宅建講座の講師も務めているそうです。

筆者のプロフィールいわく、子どもの頃に、自らが「落ちこぼれ」だった経験から生まれた独特の学習法による指導で「定年退職したおじいさん」から「勉強にまったく縁のなかった近所のおばちゃん」まで宅建試験合格に導いた実績があるそうです。


ちなみに、2012年には最新作の『松村保誠の宅建試験「最短最速」合格法 』も発売されています。
三ヶ月=200時間で合格を目指すという基本方針を踏まえて宅建事情を多角的に描いているようです。