社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。


 ブログ記事に初めてコメントを書き込まれる方は、「ブログのコメントが書き込めなくてお困りの方へ」を御覧ください。



受験体験談その1 -試験日当日がやって来た-

2012年1月29日(日)

試験会場は早稲田大学西早稲田キャンパスでした。

私は12月10日頃から勉強を開始した上に、同級生達と勉強の情報交換は一切しておらず、コミュニティに所属していなかったので、完全に井の中の蛙状態でした。

模試も予備校も利用しておらず、社会福祉士試験情報サイトもほとんど活用していなかったので、情報不足の中、正直初回合格できる自信はありませんでした。

使用したテキストも一冊だけですし、自分の勉強方法が正しいかどうか実証できるのが本番だったので、伸るか反るかドキドキ状態でした。

◆直前に解いた前年度の過去問が不合格レベルだった

実は本試験の4日前に、最後の腕試しのつもりで、テキストの最後にある第23回社会福祉士国家試験の共通科目の実問題を解いてみたところ、なんと全体で4割しかできなかっただけではなく、0点科目も一つあったのです。

この調子ですから、専門科目は怖くて手をつけられませんでした。

その散々な結果から、土壇場になって初めて「このままでは確実に落ちる」という、半端ないプレッシャーと危機感が襲ってきました。

振り返ってみれば、あの時第23回の本試験を解いていなければ、自分のレベルを判断できなかったので、恐らく本試験でも不合格になっていたでしょう。