社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士国家試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格、公認心理師試験はラストチャンスでリベンジ合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第35回社会福祉士試験・第25回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

受験体験談その2 -試験会場到着-


受験会場の早稲田大学には、見渡す限り人・人・人で溢れ返っていました。

受験者の層は、20代前半の大学生らしき男女が際立ちました。

恐らく新卒見込みの大学4年生でしょうか。

10月に受験した宅建受験の時は、明らかに見た目で、受験者の年齢層は
高かったのですが、社会福祉士試験との雰囲気の違いに唖然としました。

若々しい、まるで20代前半の大学生活にタイムスリップしたかのような
気分です。

午前の共通科目の試験時間は、全76問2時間です。

いよいよの時が訪れました。

宅建受験の時にも使った太宰府天満マークシート用鉛筆を握りしめて、
ゆっくりと問題を開きました。

ところが……