社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士国家試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格、公認心理師試験はラストチャンスでリベンジ合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第35回社会福祉士試験・第25回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

勉強一辺倒でなくても良い


私のように勉強に打ち込めない、なかなか集中できないという受験生にとっては、なまじ自分を追い込むようなやり方を実践しても、心が折れてしまう方が少なくはないと思います。


勉強の習慣がついていない人間にとって、毎日3~5時間勉強のノルマを課して挑むのは過酷過ぎます。

仮に一日だけなんとかこなせても、二日目以降ガス欠してしまうのではないかと考えます。


それでは、本末転倒です。


まずは、5分でもいい、とにかく自分のできる範囲で毎日問題集を解き続けていけば、徐々に耐久性が身についてきて、自然にこなせるようになるのです。


そもそも社会福祉士国家試験の性質からして、スキマ時間を使いながらこまめに頻出問題を見直して、正しい型をインプットするやり方をまずは実践してみる方が、勉強法に自信がない人間にとっては、楽だし結果もついてくると思います。


次回がシリーズ最後の記事になります。。