社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

長期にわたる受験を乗り越えるためのメンタルアドバイスを中心に、初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法を紹介します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

 

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。
「資格を取って変わりたい!成長したい!」という強い志を持つあなたを全力でサポートします!

※寄せられたコメントは全部目を通しておりますが、内容によっては公開及び返信を控える場合があります。
また、現在メールでの個別相談は休止とさせていただいておりますので、予めご了承ください。



ひきこもり地域支援センターで精神保健福祉士が活躍しています

 

 

平成30年度はひきこもり対策推進事業の強化の年でもあり、精神保健福祉センターを中心に、「ひきこもり地域支援センター」と呼ばれる専用の窓口を設ける動きが広がっています。

 

※ひきこもり対策推進事業とは・・・生活困窮者自立支援制度において、訪問支援等の取組を含めた手厚い支援を充実させるとともに、ひきこもり地域支援センターのバックアップ機能等の強化を図り、相互の連携を強化します。

 


 

4月1日時点で、全国75箇所にひきこもり地域支援センターが設置されています。

最近創設された相模原市の場合は、ひきこもり支援コーディネーターとして、臨床心理士と精神保健福祉士を常時2名配置しているようです。

 

 

引きこもり支援相談士という認定資格も存在するようで、今後もますます専門家の活躍が期待されています。

精神保健福祉士資格を取得された後に現場で働きたい方はネットや地域の情報をこまめにチェックされてみると求人を見つけられるかもしれません。