社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

苦手科目が苦痛で合格が遠のいていくように感じていたら。


社会福祉士、精神保健福祉士試験午前科目に出題される「現代社会と福祉」。

 

この科目を苦手とする受験生は毎年たくさんいらっしゃいます。

かくいう私もその一人でした。

 

勉強中に痛感していのは、

 

「知らない」

「分からない」

「頭に入らない」

「すぐに忘れてしまう」

「つまらない」

 

の五段式でした。

 

福祉の歴史問題的なこの科目を、どう覚えたら良いのか四苦八苦して取り組んでいました。

 

面白くなくて、覚えられなくてやる気が起きないから、飛ばしちゃえば良いという悪魔のささやきも脳をよぎりましたが、一発合格をマストとしていた私にはその選択を取れませんでした。

 

加えて私がこの科目に初めて手をつけたのは、試験直前の1月18日だったので(やりにくい科目だとわかっていたので、後回しにしていました)、残された時間がなかった私は、ある目標を掲げて取り組むことにしました。

 

それは、満点を目指すのではなくて、

 

「1点を確実にゲットすること」

 

です。

 

例年全10問出題されるのですが、過去問をそのまんま丸暗記するくらいの勢いで、3周くらい反復すれば最低限1点は取れるだろうと見立てました。

 

そして、試験日の1月25日に、他科目を含めて3周目を一通り終わらせたので、実質1週間も勉強していませんでした。

 

なぜ、10問もあるのに、たった1点を目標に掲げたのか。

 

それは、恐怖の0点科目だけはなんとしても避けなければならず、1点さえとれれば、他の科目で挽回できると考えたからです。

 

たった1点ではなくて、私にとっては1点さえ死守できれば、ノルマ達成でした。

 

実際に、私の周囲にも、毎年総得点は合格ラインを上回っているものの、この科目が何度受けても0点に陥ってしまうため、不合格が続いている方がいます。

 

5点くらいとれなければと思うと、プレッシャーに押しつぶされそうになりますが、10問中1点だけ取れれば良いのだとすれば、カンで当たる可能性もあるので、気が楽になりました。

 

その結果、本番では10問中3問正解していました。

 

決して良い成績ではありませんが、他の科目で挽回できるため、自分の中では合格点でした。

 

私の覚え方は、王道です。

 

年号ごとに重要キーワードやその意味を簡潔に図にまとめたり、順序良く並べて視覚的に覚えるようにしました。

 

図表で年号と人物名をセットで整理しながら覚えるようなやり方を推奨します。

それでも、本試験では初めてみる問題ばかりでしたが、中には過去問からの類似問題もちらほら見られたので、何とかなりました。

 

覚え方は人それぞれですが、私の場合は、足きりにならないことを第一に掲げて本試験を乗り越えました。 

 

 

完璧に覚えなくても社会福祉士は7割取れればウカル。

 

あまりにも勉強が苦痛で追い詰められた時は、6割程度という合格基準を思い出すことで、肩の力を抜いて割りきってみるのも一案です。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170409210649p:plain