社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験に40日以内で一発合格した管理人の学習法をベースに、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第36回社会福祉士試験・第26回精神保健福祉士試験対策・国家資格キャリアコンサルタント試験対策がメインですが、全ての資格試験に共通する効率勉強法を紹介しています。

社会福祉士試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間、キャリコン試験は約30日間独学で一発合格を果たし、公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

第26回精神保健福祉士国家試験感想・自己採点・解答速報まとめ

第36回社会福祉士国家試験感想・自己採点投票

第30回社会福祉士国家試験99点に収まった年の2月をまとめてみました【合格点予想、自己採点】


 

第35回社会福祉士国家試験及び第25回精神保健福祉士国家試験の合格ライン情報等は出尽くした感がありますよね。

 

今回は合格点99点という高水準に終わった第30回社会福祉士国家試験、93点に決まった第20回精神保健福祉士試験時を振り返ってみて、各社合格点予想や自己採点の推移がどのようなものであったのかを振り返ってみました。

 

第20回精神保健福祉士試験・第30回社会福祉士試験終了直後の流れです。

 

  

■ 第30回社会福祉士試験

 

1.小高塾

 

全体 98点

専門 48点

※昨年の合格率26.2%と同じくらいの合格率と仮定した場合です。

 

 

2.いとう総研

 

88〜90点

 

 

3.けあサポ露木講師

 

「昨年同様(やや易しい)の難易度でした」という印象です。ですから、合格ラインも昨年度同様(86点)くらいと考えておきたいところです。私的には、本年度の試験レベルであれば、6割90点と言いたいところです。

 

※第20回精神保健福祉士試験の合格予想点サイトは見当たりませんでした。 

 

 

□赤マル福祉自動採点

 

 

2月5日開始時点では、103点だった社会福祉士試験(全体)と106.9点だった精神保健福祉士試験(全体)でした。

 

社会福祉士試験全体平均点は2月17日時点で100.9点(サンプル数が約3500)になっています。

 

2月24日時点では、サンプル数が増加するのに伴い、社会福祉士試験(全体)が100.4点に、精神保健福祉士試験(全体)が104.6点に下がりました。

 

※それまでは、2700人以上のデータ数の場合、平均点から2〜4点引いたものが合格点となっていました。