社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験に40日以内で一発合格した管理人の学習法をベースに、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第37回社会福祉士試験・第27回精神保健福祉士試験対策・国家資格キャリアコンサルタント試験対策がメインですが、全ての資格試験に共通する効率勉強法を紹介しています。

社会福祉士試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間、キャリコン試験は約30日間独学で一発合格を果たし、公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

受験体験談その4 -専門科目試験開始-


昼食は大学の近くのファミマで買って、受験会場で食べました。

正直、予想以上の惨敗ぶりに、飯も喉を通りませんでしたが、
長丁場の午後に備えて半ば無理矢理エネルギーを補給しました。


果たして難しいと感じていたのは、自分だけだったのか。

午前の試験終了後、室内にいる受験生達は無言でその場を後
にしていたので、想像できませんでした。

他の受験者の出来がどうだったのか、携帯からツイッター等で
リアル情報を知りたい気持ちもありましたが、自宅に置いてき
たため、外部の情報は解らなかったのです。

ちなみに携帯電話は忘れたのではなくて、受験票に「持ち込み禁止」
とあったので、リスクをなくすために持って来なかったのです。
(結果的に持ち込んでも大丈夫でしたが)

違うクラスで受けた同級生から、午前の感想を聞きましたが、
私と同じように、

「さっぱり解らなかった。落ちたっしょ(苦笑)」と、ぼやいていました。

休憩時間に他の同級生達数人に遭遇して、それぞれ感想を
聞きましたが、異口同音に「難しかった」とのことでした。

しかしながら、どれだけ他の受験者が「難しかった」と感想を
聴いても、自分の出来具合では、全くもって歯ごたえがありません
でしたし、0点科目もありそうだったので、さほど慰めにはなりませんでした。

そうこうしているうちに午後の試験時間が近づいてきました。