社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

今から不安でたまらなくなったら


社会福祉士試験をはじめて受験する人、再受験する人問わずに、受験が近づくに連れて不安が募ってくるのは当たり前です。


いざ、


「絶対に自分は合格するんだ!」


と、鼓舞しても、


「もし本番が上手くいかなかったらどうしよう」という不安は少なからず脳裏によぎるものです。


0点科目システムの存在。

2つ選べ問題のプレッシャー。

絶対評価ではなく、相対評価ゆえに合格点が読めない不安。

もしかしたら、次回からは90点以上取らないと受からないんじゃないかと思うと、気が気でないかもしれません。


そびえたつ150問もの膨大な出題数を前に、不安になってしまうのは当然です。


未知なる試験問題が相手なのですから、想像が膨らんで、「もしも・・・」を描いてしまうのは至極当然です。


不安なのは当たり前です。


社会福祉士試験含めて、それなりに試験慣れしている私でも、初めて試験に立ち向かうにあたって、不安はつきものです。


合格者のほとんどが、発表のその日まで不安を抱えているものです。


それでも、いざ合格を手にした者に共通しているのは、不安を抱え続けていても、やるべきことを継続的にこなしていて、本番に最善を尽くしていたということです。


不安に耐えきれなくなったら、信頼できる誰かに吐露して心をメンテナンスしていくことも大切です。


私もいつもそうしています。


本試験当日までは、メンタル面のキープが大切になってきます。


ともに長丁場を乗り越しましょう。