社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

自分で決めたノルマの通りにいかなくても、理解は捗ります。


勉強を始める前に、「今日は○○ページから○○までやってみよう♪」という具合に、一日のノルマを設定される方は多いと思います。

 

私も受験勉強時に「今日やるページ」、「今日やる分野」を決めてから取り掛かったものでした。

 

目標を決めて遂行することで、リズムよく学習が捗る効果がありますが、時には、目標を少し修正してみる方法も、脳を活かす勉強法の一つです。

 

その方法とは、キリが悪いところで、あえてその日の勉強を止めてみるのです。

 


あと1問解けば、その分野の問題が全部終わるというような段階で、1問だけ残して終了するようなやり方です。

 

このやり方は、勉強につまづいてしまった時などに一旦離れてみて、別のことに取り組んでいると、解決の糸口が見つかるというような体験にも当てはまります。

 

実は「キリの悪いところ」でやめたほうが効果が高いという観点が心理学的に実証されているそうです。

 

人間の脳は、他の作業をしていても未解決の問題に取り組んでいて、別の作業をしている間も知らないうちに思考は続いているものらしいです。

 

このやり方は特別に意識していなくても、自然に行っている方が少なくはありません。

 

例えば、通勤時間の電車の中や、休憩時間といったスキマ時間を使って小刻みに勉強をするような形です。

 

キリの悪いところで一時停止せざるを得ないからこそ、次が気になってモチベーションが維持できるというメリットもあります。

 

中途半端に勉強を中断することで、勉強のやる気が継続できるというのは心理学的にも実証されており、「ツァイガルニク効果」と呼ばれています。

 


余談ですが、現在上映中の『覚悟はいいかそこの女子。』の劇中にも登場するキーワードです(主人公がなぜヒロインに惹かれるのかという心理の説明で使用)。

 

映画ノベライズ 覚悟はいいかそこの女子。 (集英社オレンジ文庫)

映画ノベライズ 覚悟はいいかそこの女子。 (集英社オレンジ文庫)

 

 

また、記憶は寝ている間に定着するとも言われています。

キリの良いところまで仕上がったら就寝するという流れから、キリの悪いところで寝るようにしてみる。 

朝起きてから勉強を再開した際にスムーズに進むのは、その方法が脳にとって効率が良いという説も有ります。

勉強がマンネリしていてモチベーションが下がっている時などに、参考にしてみてください。