社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験に40日以内で一発合格した管理人の学習法をベースに、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第36回社会福祉士試験・第26回精神保健福祉士試験対策・国家資格キャリアコンサルタント試験対策がメインですが、全ての資格試験に共通する効率勉強法を紹介しています。

社会福祉士試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間、キャリコン試験は約30日間独学で一発合格を果たし、公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

第26回精神保健福祉士国家試験感想・自己採点・解答速報まとめ

第36回社会福祉士国家試験感想・自己採点投票

受験勉強生活が苦しくて、どうしようもなくもがいていたら。


苦しい、もう勉強から解放されたい。

不安で不安で、果たしてこのやり方で合格できるのか疑心暗鬼が止まらくて辛い。

 

 

こんなにもしんどい受験勉強に打ち込む意義があるのか、その先に明るい未来が照らされるのかと、受験そのものに対してのモチベーションが激しく揺れ動いている最中かもしれません。

 

かくいう私も昨年7月に受験したラストチャンスの公認心理師試験までの受験生活で、何度先の見えない未来に押しつぶされそうになったか分かりません。

 

 

実はそういう不安定な時期が訪れたというのは、順調な証です。

 

 

冬の厳しさ、つまり受験に耐えることができる精神力が磨かれている最中だからです。

 

実際の社会福祉士本試験は、午前・午後合わせて全150問出題されますので、持久力が求められる長丁場が待っています。


そこで要になってくるのが、受験時代に培えた集中力、忍耐力、瞬発力なのです。 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20171204212942j:plain

  
今の時期、辛くて辛くて仕方がなくて、今にでも逃げ出したくなる方や、先の見えない不安に怯えながら勉強を続けている方もいらっしゃると思いますが、この苦痛な経験が本番に活かされるのです。



試験日までに「もう悔いはない」と振り返れるほどやり切れた受験生は少ないです。

 

気づかないようでも、毎日こなしてきた学習歴があれば本番を突破できる基礎体力は身についています。

 


最後の最後で合否を分けるのは、事前知識も必要不可欠ですが、それ以上に最後まで諦めない精神力が影響してきます。


本試験では、事前知識だけでは太刀打ちできない初見問題が待っていますが、事前学習を手抜きせずに向き合えた者が勝利できるように作られています。


継続をされた者のみがいざというピンチをチャンスに変えることができるのです。


今辛くて、しんどくてどうしようもなく不安でも、絶対合格桜の開花準備は進んでいます。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20210228164104j:plain