社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験に40日以内で一発合格した管理人の学習法をベースに、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第36回社会福祉士試験・第26回精神保健福祉士試験対策・国家資格キャリアコンサルタント試験対策がメインですが、全ての資格試験に共通する効率勉強法を紹介しています。

社会福祉士試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間、キャリコン試験は約30日間独学で一発合格を果たし、公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

第26回精神保健福祉士国家試験感想・自己採点・解答速報まとめ

第36回社会福祉士国家試験感想・自己採点投票

19歳で社長になった重度障がい者の物語




 

働く、ということ ―十九歳で社長になった重度障がい者の物語―  佐藤仙務著


11月8日付でYAHOO!ニュースでも取り上げられていたので、ご覧になられた方もいらっしゃるかもしません。


筆者は現在24歳。

愛知県東海市で、名刺とウェブサイト制作をしている会社の社長です。

19歳という若さで起業を始めました。

日本福祉大学にも通われていたようです。


「重度障がい者の物語」と銘打たれているように、佐藤さんは生後間もなくある病名を診断されます。

その名は、SMA。

SMAというのは、脊髄性筋萎縮症のことで、筋肉を動かす神経に問題があり、体を動かせず、筋肉が萎縮してしまう病気です。

乳児期から小児期に発症するSMAの罹患率は10万人あたり1から2人という確率の難病です。

話すことは出来ますが、寝たきりの生活中で、僅かに指先を僅かに動かせるような状態であるようです。


体の移動には電動車いすを使用しているようで、起業生活とはほど遠いようですが、ノートPCを駆使して営業活動やアプリ製作に勤しんでいるようです。


安倍晋三首相や昭恵夫人をはじめ、イタリア料理店「LA BETTOLA (ラ・ベットラ)」 の落合務シェフ、そしてテレビや雑誌、ウェブメディアに声を掛けるPR活動も怠らない。
いまはTBSのドキュメンタリー番組の密着取材も受けている。


これだけの行動力は誰に真似が出来るものではありません。


会社設立初年度の売上は約76万円でしたが、2014年の年商は約300万円へと成長したようです。

従業員2人を雇っており、いずれも筋ジストロフィー症の重度障がい者のようですが、ITを駆使しながら在宅で勤務しています。

現在は、障害者雇用を推進して、上場を目指されています。


佐藤さんは自分のことを「僕には運があるんです」と言っています。
 
下を向いちゃうとチャンスが向こうに行っちゃうから。寝たきりだと下を向けないから。後ろも振り向けないから」。

その言葉の通りに、同じ志を持つ仲間と夢の実現に向けて今日も一歩前進しています。


その背中から、私も勇気と希望を分け与えてもらいました。



参考リンク

上場目指す“寝たきり社長”24歳、「体が動かなければ、頭を働かす」

オフィシャルサイト