社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験に40日以内で一発合格した管理人の学習法をベースに、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第36回社会福祉士試験・第26回精神保健福祉士試験対策・国家資格キャリアコンサルタント試験対策がメインですが、全ての資格試験に共通する効率勉強法を紹介しています。

社会福祉士試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間、キャリコン試験は約30日間独学で一発合格を果たし、公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

第26回精神保健福祉士国家試験感想・自己採点・解答速報まとめ

第36回社会福祉士国家試験感想・自己採点投票

合格のイメージを膨らませるために




「自分は合格をするんだ!」と強いイメージングを続けた受験生は具現化しやすいという話を何度も繰り返してきました。


今回は、そのイメージングを強化して、合格をたぐり寄せるためのちょっとしたアイデアについて紹介したいと思います。


それは、合格証書スマホや携帯の待ち受け画面に設定したり、画像保管して、定期的に目にするというやり方です。


えっ!?合格証書なんてまだ手元にないんだけど。


まだ受験すらしていないのに、そのリアクションは自然でしょう。

 

そこで登場するのがインターネットです。


画像検索サーチエンジンで検索すると、先人の合格証書が多数ヒットします。



その合格証書を具現化の材料にするのです。



え~だって、他人の名前が書かれているのに、受かった気になんてなれないよ。



そういうツッコミが聞こえてきそうですね。


ちょっと手間がかかりますが、合格証書をダウンロードして、スマホやPCのアプリ(画像加工ソフト)自分の名前に差し替えてみてはいかがでしょうか。

※ウェブ上での公開は著作権や拡散等の絡みが出てくるのでオススメしません。あくまでも個人使用です。


え~そこまでしたくないよ~めんどくさい。



更にツッコミが響きそうですね。


そもそも私がそのやり方をひらめいたのではなくて、過去に難関大学や、難関資格にに合格した先人からの受け売りです。


難関大学の校舎でバンザイをしながら写真を撮ったものを飾っていたり、

合格証書と自分の写真を合成させて、プリントアウトした物を額縁に入れて飾っておくというコアなやり方を実践していました。


合格へのイメージングが常に鮮明に浮かんでいたのでしょうね。



たとえ合格証書でなくても、「合格」とか「受かる!!」とかの文字入り画像を待ち受け画面に使っても十分効果があるでしょう。

今年の合格発表時に、見事に合格を果たされた受験生の方で、下図の合格絵馬を表示しながら厚生労働省の合格発表をご覧になっていた方もいらっしゃいました。


視覚的に合格をイメージングできる物を活用されてみてはいかがでしょうか。


※関連画像として、験担ぎに関連した過去の撮影画像おきます。

ニーズがあれば、これからもこのような写真を貼っていきます。


IMG_20150704_130524







 





















image














150307_095931




































DSC03315