社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士国家試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格、公認心理師試験はラストチャンスでリベンジ合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第35回社会福祉士試験・第25回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

「10年後に武器になりそうな資格」にケアマネジャー、社会福祉士がランクイン。


 

 

資格のユーキャンが2022年12月7日に、20~60代の男女402名を対象に、学びや資格取得に関する意識調査の結果を発表しました。

※10月27日~11月3日の期間に実施されました。

 

10年後に武器になりそうな資格」として、ケアマネジャー、介護福祉士、メンタルヘルス・マネジメント検定、そして社会福祉士がトップ10入りしています。

 

 

 

なんとケアマネジャーは1位に、社会福祉士は3位にランクインしています。

 

調査対象者がどのようなイメージを持って答えたのかは不明ですが、両福祉資格がこれからの時代にニーズが高くなるだろうと予測されていることがうかがえます。

 

コロナ禍に入っても、時代の変化に大きく左右されることなく、これからの時代においてもこれらの資格のニーズは高めであることがうかがえます。

 

これから資格を目指す方にとってモチベーションにつながれば幸いです。