社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

栃木県内初、高齢者相談業務を24時間対応 


栃木県の壬生町は今年度から高齢者相談支援業務を強化し、町内2カ所の地域包括支援センターで、1年間を通し24時間の対応を始めたそうです。

 

 

これは県内では初の取り組みで、職員は各センター4人から7人配置に増員したそうです。(認知症地域支援推進員、ケアマネジャー、看護職、社会福祉士)

 

昨年度までは原則、平日午前9時~午後5時の対応でしたが、相談件数が増えていることなどから、今年度から休日もセンターを開所し、時間外は電話で対応しています。

認知症地域支援推進員1人ほか、ケアマネジャー、看護職、社会福祉士の各1人を2人態勢とし、支援態勢を強化したそうです。

 

夜勤含めてローテーションで職員が対応している様子がうかがえますが、サービスの拡大に伴って職員の方々のストレスをケアできるような対策がどのように図られているのかも気になるところです。