社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

社会福祉士受験の動機を見失ったら


はっきり言って、何のために社会福祉士を目指しているのかがわからない。



こんな風に漠然とした思いを抱えながら、社会福祉士試験を受験される方の声がしばしば寄せられます。



最初はやる気満々だったのに、あまりにもの試験ボリュームから、モチベーションがダウンしていて、目的を見失っている方もいらっしゃるようです。


また、そもそも論としての試験に対する捉え方としてこのように感じている方もいるかもれません。

社会福祉士に受かっても、お祝い金をもらえるわけじゃないし、職に就けるわけないし、必ずしも必要じゃないんだよね。



就職や転職に必須でない方にとっては、膨大な量をこなすのにあたって、「別に受からなくても良い」という諦観が植え付けられていると、必ずと言っていいほど枷になります。



そのまま不合格コース一直線に進んでしまう危険性が高くなります。



社会福祉士合格の意義を私がここで改めて語っても実感が薄いと思うので、みなさんにぜひ生で体感していただきたいです。




合格の意義やメリットは後になってわかります。


たとえ就職に結び付かなくとも、勉強して合格できたという実績がかけがえのない財産になるのです。


第26回本試験に合格された先輩たちは、それぞれの新しい夢に向けて前進しています。


合格のメリットや意味を考えても今の段階では見えません。


今は目の前の問題を一問でも多く解き続けてください。