社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

1点に泣き、1点に笑う社会福祉士試験だからこそ


ブログを始めて早5年目ですが、毎年必ず合格発表日後に寄せられる声がいくつかあります。


今回取り上げたのは、総合であと1点足らずに悔しい思いをされた受験生です。


どの資格試験もそうですが、1点の差で合否が分かれることは共通しています。

 

 

 

1点の背景には、数百人から数千人の受験生の命運が分かれます。

一方で、以前に「あと1点」で悔しい思いをされた方が、リベンジ合格を果たされた歓喜の声も寄せられます。

 

そのご報告ほど私が震える喜びを覚えるものはありません。


私もかつて1点泣き、1点に笑う両極端な経験を体験しています。


もしもあと1点で悔しい思いをされた受験生がいらっしゃるとしたら、今年度こそは勝ち誇っている自分を想像して、そこから糧に試験日まで過ごしてください。

辛く孤独な受験生活も、合格を掴み取っている自分と、その先をイメージングすることで、乗り越えていけるものです。

 

1つ選べ問題か2つ選べ問題を確実に見極めること。

マークミスを絶対になくすために、マークが終わったら数回目視すること。

奇問・難問が待っていても無理に向きあおうとせずに、1点を確実に取れるような過去問ベースの頻出問題をゲットすること。

 

この3点を意識して実行に移せることで、1点を逃す可能性が確実に減ります。

 

さぁ、今年こそは1点に泣いたあの日々から大逆転です。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20161022185457j:plain