社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

ボロボロの手応えだった私の精神保健福祉士専門科目試験受験体験記その2


 

第17回精神保健福祉士試験の自己採点についてですが、その晩最速で公開されたけあサポサイトで行いました。


なにしろ全体で3割程度の手応えしかなかったわけですから、恐る恐る採点を行ってみましたが、「あれ?連続で合っているぞ」という流れが続きました。

 

実は「二つ選べ」問題を1問だけ一つしかマークしなかったという失態を残していたので、もしも全体的に壊滅的だったら救いようがないプレッシャーの重圧にも押されていたのですが、採点を終えると、合格水準である6割を超える結果になっていました。

 

私の場合は、社会福祉士試験同様で、本番では手ごたえが悪いものの、採点してみると案外得点が取れていてホッと胸をなでおろすことができるパターンでした。



80点中の50点を超えていたので、まず不合格はないだろうとほっとしましたが、ネットで受験生の声を聴いていると、基礎的な問題が多くて、例年より簡単だったという書き込みが目立ちました。

同じ受験仲間達もみな50点を超えていたので、今年の試験問題は例年よりもやさしめであったという声に信ぴょう性が増しました。



後に赤マル福祉で受験生の自己採点サンプル結果が集計されて、専門科目の平均が約51点ほどの高得点になっていたので(今年の暫定平均と似ています)、例年よりも合格点が数点上がるであろうという可能性が高くなっていました。


もしかして、50点でもダメなのか!?

今年から合格率が30%くらいに絞られたとしたら・・・・・・。


そんな不安も脳裏によぎりましたが、第27回社会福祉士試験の合格発表日まで不安な気持ちで待ち続けている他の受験生のみなさんと共にその時を迎えました。


f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170209201434j:plain

 



45日の時間が流れ、訪れたのは社会福祉士試験ぶりの厚生労働省

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170209201651p:plain



150313_141117


事前にブログ上で私が直接会場に足を運ぶことを告知済みでした。


第24回社会福祉士試験合格発表の5年前とは会場が異なって、運命の場所は広い講堂でした。


私が到着した時点であと5分ほどで合格発表というタイミングでした。

 


既に20名ほどの受験生達が扉の前で待機していました。


この中に私が知っているブログ読者の受験生の方はいらっしゃるのだろうか。

そんな思いで眺めていたところ、合格発表時間ジャストになって、職員の方々が扉を解禁しました。


150313_140720 


これだけの広さの講堂だけに、掲示板に貼られていることを期待したのですが、やはり今回もテーブルの上に合格者受験番号が冊子になって置かれていました。



150313_140727















隣の社会福祉士の合格番号確認は列を作って大勢並んでいましたが、精神保健福祉士に関しては、さほど多くなく、すぐに番がやってきました。

社会福祉士試験合格発表時同様に、冷静に自分の受験票に刻まれている番号と照らし合わせて行くと・・・・・・



150313_140253













 

 




ありました!!

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170205201025j:plain



合格を目の当たりにできた2度目の経験です。


私のもう一つの目的は、ブログ読者である受験生の方と合格の喜びを共有することでした。


運命の廻り合わせのように、合格発表前日にブログに「厚生労働省に行くかもしれない」と書き込まれていた方と現場で逢うことが出来ました。

その方は、ブログで公開していた合格絵馬をご自身のスマホの画面で表示されて手にお守りのように握りしめていたので、合言葉のようにすぐに分かりました。

 

 

次に瞬間、その方は合格を確認できたようで、傍にいた厚生労働省の職員の方に「私、本当に合格していますよね?」と半信半疑のように一緒に番号を確認されているようでした。

 

私はその瞬間、「一緒に確認しますよ」と声をかけて、合格の瞬間を共有することに成功しました。


合格発表の場では、合格を果たした受験生たちが感動のあまりに「やったぞ~~!!」とか、「受かった~~~~!!」なんて声を上げている光景を想像するものですが、イメージのように喜びを表現されている方はほとんど見受けられませんでした。


そんな中、私達は人目を気にせずに合格を喜び合っていました。

あの瞬間の喜びと感動を知っているからこそ、私のモチベーションにつながっているのです。


学校の仲間達も全員合格を果たして、私は春から精神保健福祉士資格を活かした新しい職務に就くようになりました。

 

社会福祉士登録後になって、精神保健福祉士資格はいつかは取りたいという希望は頭に描いていました。

 

しかしながらいざすぐに行動に移そうとすると、新しい学校への入学やこなさなければならない課題、通学の問題、仕事との両立等、面倒なことが先立ってしまい一歩踏み出す勇気を抑制していました。

 

そんな邪念を払しょくして一年発起できたのも、絶対合格ブログで出逢うことが出来たみなさんの勇姿が私を後押してくれたからです。

 

「挑戦してよかった」そう思える日が必ずこの先に待っています。

 

 

さぁ、今年の主人公はみなさんの番です。

 

絶対合格桜は既にみなさんの想いとともに満開に咲き誇っています。


自己採点結果から合格点が不安で仕方がない方も少なくはないと思われますが、やることをやったみなさんが幸せになれないはずがありません。

満開の桜の下で、たくさんの喜びの声が目に浮かびます。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170209203758j:plain