社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

何もかもが大変すぎて受験に集中できない焦りに駆られていたら。


仕事が大変
家事が大変
育児が大変
介護が大変
学校が大変
就活が大変

 

とても受験勉強に力を入れられるような余裕がないよ。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20180930164017j:plain

 

受験以前に、日常生活でこなさなければならない問題が山積みで、勉強そのものに取り組む気力すら起きない方々は少なくはないのではないでしょうか。

 

受験勉強だけに没頭できる環境に置かれている方は圧倒的に少数派です。

 

現実は非情です。


どれだけ個々人が大変な環境下に置かれていても、本番の合否に補正措置が施されて合格率が上がるわけではないからです。

 

易化しているどころか、年々試験問題が変化していて合格点が7割近くなっている点からも、多くの受験生が苦しみながらも必死に挑んでいることがうかがえます。

 

そうは言っても、分かってはいても忙しいから勉強をする余裕がない、片手間で受かるはずがないと弱音を吐きたくなる気持ちは痛いほどわかります。

 

社会福祉士と精神保健福祉士試験を筆頭に、私も社会人になって働きながら各資格試験に臨んでいるので、とてもではないけれども、勉強に力が入らない場面は一度や二度ではありませんでした。

 

あまりにも勉強が苦痛で、イライラが頂点に達してテキストを投げつけたこともあるくらいです。


そんな精神の波が激しくても、なんとか数十個の試験に合格できた実感からこう言えます。

どれだけ仕事が忙しくて、学生時代に優秀ではなかったとしても、勉強との両立で合格は可能であると。

 


「私とあなたは違うから、一概にはそう言えない」

 

と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 


けれども、昔から私のブログをご覧になっている方はご存知だと思いますが、私は学生時代成績は普通以下だった時期もありますし、通っていた塾でも落ちこぼれの部類で勉強嫌い少年でした。

 

中学時代は英語や数学のテストで5点を取ったことも何度もありますし、大学時代に「世の中を変えるためにあなたが考えること」というテーマが課された講義のレポートに対して、「政治家にもっと頑張ってもらわないと」と他力本願な内容を書いたところ、教授から「こういう考えの人間がいるから世の中が変わらないんだ」と、ダメな人間の見本である烙印を押されることもあったほどです。

ダメダメエピソードは他にも数えきれないくらいある私ですが、そんな私でもなんとか社会福祉士精神保健福祉士試験に受かったのですから、みなさんにできないことはありません。

なぜ私が合格に至れたかというのは、努力というお決まりの言葉ではなくて、「できない自分コンプレックス」に支配されていたという点が大きいです。

 

20代まで頭が悪くて取り柄がない自分への劣等感に絶えず支配されていたからこそ、どんなに勉強が苦しくても生まれ変わるために投げ出さずにいられました。

 

こんな動機を持っていてもなんとかなっているので、しっかりと目的意識を持っているみなさんには「私でもできるはずだ」と思っていただきたいです。

 

 

まとめると、ポイントは、「こんな自分でもなんとか受かる」というセルフイメージを常に描きつづけることと、二足のわらじ式勉強スタイルでも受かると信じることです。

 

確かに、勉強そのものだけに集中できる環境が用意できれば悩みが薄れると思われるかもしれませんが、勉強一辺倒の生活だからこそ生まれる不安というものも存在します。

 

「本当にこのやり方で良いのだろうか」という不安や「この試験がうまく行かなかったらどうしよう。この試験だけに人生を賭けていて正しいのだろうか」という一本道で進むからこそ生じる葛藤や焦燥感もあります。

 

二足のわらじ生活であっても、そのような悩みはつきまとうものですが、どのような環境に置かれていても、勉強と勉強以外の生活のスイッチを切り替えながら向き合っていけるようになると俄然捗るようになります。

 

そして次に大切なのが、「あれこれ右往左往せずに、一つの勉強法に絞って腹をくくる勇気を持つ」ことです。

いざ勉強のお供を定めたとしても、ふとした瞬間に、「あの参考書・問題集じゃないと落ちるんじゃないか」という不安がよぎってモチベーションが下がってしまうこともあるかもしれません。

周囲の受験生が使っている問題集が自分のものではなかったり、売上げランキングが上位のものでなかったことを後で知って、急に不安になることもあるかもしれません。

はっきり言いますが、どの参考書も問題集も合否には大差はありません。

自分がインスピレーションでこれだ!と思った(もしくは学校や先輩から推奨された物かもしれませんが)物なのですから、受験当日のその日まで相棒のように付き合ってみてください。

そして、1冊を徹底的にマスターすると決意したら、ブレずにまずは完遂してみてください。

私はそうして合格を形にすることに成功しました。

合格を果たすためには、「これだ!」と信じた問題集や勉強法をひたすら繰り返すことが何よりも大切になってきます。

「周りとは違うから」という比較しての不安に惑わされずに、自分が決めたやり方を残りの二ヶ月強の期間やり尽くしてみてください。



信じる者は絶対合格です。