社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士国家試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格、公認心理師試験はラストチャンスでリベンジ合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第35回社会福祉士試験・第25回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

いとう総研が第34回社会福祉士試験分析と合格点予想を公開しました。


2月17日 精神保健福祉士試験分析追加

 

見て覚える! 社会福祉士国試ナビ 』筆者のいとう講師が第34回社会福祉士試験の合格点(ボーダー予想)と試験分析を公開しました。

2月11日にYOUTUBEで公開され、試験難易度含めて分析されています。

例年精神保健福祉士試験分析は後日公開されますので、追って更新します。

 

 

  

www.itosoken.com


www.youtube.com

 

 

 

第34回社会福祉士試験 


①難しい25問、②普通104問、③易しい21問

 

全体 90点前後(コロナ禍の影響で、読みにくい部分がある)

 

※第33回試験と比較すると、難しいが問題が少なくなり、易しい出題が増えました。

 

 

第24回精神保健福祉士試験専門科目 


①難しい7問、②普通57問、③易しい16問

 

全体は94点前後

専門科目は44点前後

(コロナ禍の影響で、読みにくい部分がある)

 

 

◆過去10年分合格予想

 

※第34回試験分析動画における難易度の分析を見ると、第33回以前の内容が全て当時(下記の数字)よりも変化していますが、毎年同じ流れです。

 

 

第33回社会福祉士試験 ①難しい35問、②普通99問、③易しい16問

合格基準点93点(合格率29.3%) 

 

全体 88点前後(試験問題の難易度は第32回よりも上がった。88点よりも下がる可能性が高いが、全国の受験生の出来映えなので、感覚的には大きく変動はしないと思う。)

 

専門 37点前後

 

第23回精神保健福祉士試験 専門科目①難しい14問、②普通53問、③易しい13問 

合格基準点94点(合格率64.2%)

 

全体 90点より上がる可能性が少し高い
専門 40点より少し上がる可能性がある

 

 

第32回社会福祉士試験 ①難しい30問、②普通104問、③易しい16問 ⇒ 合格基準88点(合格率29.3%)

 

84~89点(89点より上がることは考えにくい)

 

 

第22回精神保健福祉士試験 専門科目①難しい12問、②普通64問、③易しい4問 ⇒ 合格基準90点(合格率62.1%)

 

全体 80点台(81〜87点くらい)
専門 40点前後(38〜41点くらい もっと下がるかもしれない) 

 

 

第31回社会福祉士試験 ①難しい33問、②普通92問、③易しい25問 ⇒ 合格基準89点+追加加点1点(合格率29.9%)

 

90点前後(専門は39点)

 

 

第21回精神保健福祉士試験 専門科目①難しい12問、②普通60問、③易しい8問 ⇒ 合格基準87点(合格率62.7%)

 

91点(専門は42点)

 

 

第30回試験 ①難しい22問、②普通102問、③易しい26問 ⇒ 合格基準99点(合格率30.2%)

 

ボーダー予想 88〜90

 

 

第29回試験 ①難しい23問、②普通112問、③易しい15問 ⇒ 合格基準86点(合格率25.8%)

 

ボーダー予想:88

 

>受講生は100点以上の高得点の方も例年よりも多い気がしますので、少し上がるかもしれませんが、「90点」は超えないと思いますので、90点が安心ラインではないかと思います。

 


第28回試験 ①難しい21問、②普通102問、③易しい27問 ⇒ 合格基準88点(合格率26.2%)


ボーダー予想:90


>講座の受講生は、100点前後が多く、例年と変わらないくらいの方が多かったように感じますので、もしかして、87点~89点くらいに落ち着くかもしれません。


第27回試験 ①難しい24問、②普通106問、③易しい20問 ⇒ 合格基準88点(合格率27%)

80点前後(77点~83点の範疇に収まる)という予想


第26回試験 ①難しい20問、②普通105問、易しい25問 ⇒  合格基準84点(合格率27.5%)

>昨年くらいの合格率(19%)だと、80点台後半になると思いますが、合格率が30%近くに回復するのであれば、「85点前後」くらいになるような気がします。

 


第25回試験 ①難しい50問、②普通77問、③易しい23問 ⇒ 合格基準72点(合格率19%)

 

第24回試験 ①難しい40問、②普通86問、③易しい24問 ⇒ 合格基準81点(合格率26%)