社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験に40日以内で一発合格した管理人の学習法をベースに、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第36回社会福祉士試験・第26回精神保健福祉士試験対策・国家資格キャリアコンサルタント試験対策がメインですが、全ての資格試験に共通する効率勉強法を紹介しています。

社会福祉士試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間、キャリコン試験は約30日間独学で一発合格を果たし、公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

第26回精神保健福祉士国家試験感想・自己採点・解答速報まとめ

第36回社会福祉士国家試験感想・自己採点投票

第36回社会福祉士試験まであと二ヶ月。今から勉強を始めたのでは遅すぎるのではないかと不安になっていたら。


 

2023年も残ることろあとわずかですが、忙しい日々で受験勉強に集中できる余裕がない中、刻々と迫る精神・社会福祉士試験に対して、「今から勉強を始めるのでは遅すぎるのではないか」と日に日に焦りが募っていらっしゃる方に向けて用意した記事です。

 

 

Q.今から社会福祉士試験の勉強を始めたらもう来年の試験には遅すぎますか?

 

A.まだ60日の時間があるので、これからの取り組みと本気度次第で遅くはありません。昨日紹介されたSさんも12月からの学習で合格を果たされましたし、私自身も45日間の追い込み勉強でなんとかなりました。


第36回社会福祉士試験の合格を成し遂げるならば、諦めずに、合格を掴み取る気持ちを念頭に入れながら、臨んでください。最後の最後は粘った者と、合格への思いがいかに強いかが本番で合否を分けると言っても過言ではありません。

 

Q.では、これから勉強を始める人にとって最短合格の勉強法は何なのでしょうか?

 

A.勉強法は十人十色ですし、向き不向きがあるので一概には言えませんが、私の経験上とこの絶対合格ブログの趣旨から回答すると、「一つの問題集(アプリや通信教材含む)を極める」と言う形を推奨します。

あれもこれも手を出すと合格が遠のいていくというのがこの社会福祉士試験の特徴になります。

「試験は出るところからしか出ない」という原則は例年共通しています。


毎年試験終了後になると、出題傾向が微妙に変化したり、「難化した」と評されることも多いですが、合格のために必要な学習量は年々増えているとは必ずしも言えません。

 

合格基準点である6割(90点)を目安に求められる社会福祉士試験では、回ごとにくまなく勉強を重ねなければならないわけではなくて、試験に出やすい頻出問題や長時間耐久できる基礎体力が前提に作られています。

 

問題集や参考書を何冊も買ってあれもこれも手を出そうとすると、覚えることがたくさん増えすぎてみるみつ勉強のやる気がダウンして、試験日までモチベーションが維持できなくなってしまうリスクがあります。

 

残された時間は二か月の現時点では、「あれもこれもやらなければ受からない」思考から脱却して、覚悟を決めて、やると決め事だけを集中的にこなす方が効率的です。

 

問題集を解く→分からない問題やキーワードを参考書で調べる

 

というシンプルなやり方を徹底的に繰り返す反復学習方式を推奨します。

 

効率的な社会福祉士試験絶対合格勉強法について扱った記事を貼っておきますので、ご参照ください。

 

 

令和5年度第36回社会福祉士試験対策記事