社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。2021年からは第5回公認心理師試験対策も扱い始めました。

初回受験の方は「一発合格のための必勝法」を、再受験のには、「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

民法、憲法対策にオススメの一冊


社会福祉士受験対策の基本書や過去問を解いていても、法律用語がなかなか頭に入ってこなくて頭を抱えている方は少なくないと思います。


成年後見?相続?体験がないから、イメージが湧かないんだよ。どうやったら覚えられるの?」


そんなみなさんにオススメなのが、定期的に紹介しているこの一冊です。


マンガでなっとく!!行政書士をまるごと理解』 東京法経学院




です。


社会福祉士試験なのに、なぜに畑違いの行政書士対策の書籍を紹介するの!?」

と思われるかもしれませんが、


社会福祉士試験と、行政書士試験の出題範囲には、共通点があるからです。


民法制限行為能力者成年後見制度、使用者責任、詐欺行為、瑕疵担保責任、財産法、家族法等)を筆頭に、行政法憲法科目がそうです。

(細かい面で言えば、行政書士一般知識科目に例年1問出題される、介護・医療知識問題もそうですが)

マンガで覚えられるこの一冊を使えば、体系的、視覚的に法律知識をイメージできます。

このマンガによって、基礎中の基礎知識を分野ごとに短時間で学べるのが特徴です。

特に、民法科目が苦手で苦戦されている方には、オススメします。


行政書士試験の民法は、司法書士試験のように細部まで深く追求されるレベルではないので、社会福祉士に出題される民法対策としても、応用できると感じました。


勉強につまずいている時、どれだけ暗記しようとしても、覚えられないスランプ時にこそ、こういった基礎固めに特化した一冊が効果覿面だと思います。


日本国憲法ユニークに覚えるこんな一冊もあります。


日本国憲法を口語訳してみたら 1155円



筆者は、愛知大学法学部法律学科に在学している現役大学生です。

口語訳という試みが斬新なのですが、憲法の条文を頭に浸透させることは容易いものではありませんが、本作では現代調の解釈でイメージをつかみやすく憲法を理解するように作られています。
原文も見開きで載っているため、比較しながら把握することができます。

社会福祉士試験にも生存権等が憲法から出題されることがありますが、工夫してインプットしたい方には一読されることをオススメします。

行政書士司法書士試験の導入としても使える一作です。