社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

受験本番に向けて、食事を整える



本番まであと一週間になりましたが、ここでは本試験にベストコンディションで臨むための食事のススメを紹介します。

私は、宅建試験の前日夜からは、胃を痛めないため、刺身やどんぶり系などの食事は控えて、ヨーグルト、うどん等の流動食や、バナナ(糖+炭水化物が脳の働きを整えます)、焼き芋を食べてコンディションを整えました。


宅建試験時間は午後からの開始のため、移動時間がお昼をはさんでしまうのですが、試験会場の休憩所で飲食している受験生も多数いました(自分の場合は、会場が上智大学でした)。

ちなみに私は、駅のホームで焼き芋を食べていました(笑)


偏差値30から東大受験を目指す『『ドラゴン桜19巻』でも試験直前・当日に気をつける食事について触れていたのを覚えていたので、ベストな状態で臨むために実践しました。

食事等については、こちらのサイトでも紹介しています。

受験準備ガイド(大学受験)
勉強と食事の相関関係を考える


自宅から試験会場までは、ガムを噛んだり、チョコレートを食べることも、脳を活性化させるために効果があるようです。

また、食事と同じくらい大切なのが睡眠で、脳をフル活用させるためには、3時間前に起床するのが理想らしいです。

万全の準備を整えて、合格を勝ち取りましょう!!