社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

選択肢の比較で解答を導き出すテクニック


 

本試験までカウントダウンを切った今、過去に取り上げた記事の中で本試験で通用できるテクニックやアドバイスを、紹介していきます。

 

 

試験を解くテクニックとして、問題文を読まなくても、選択肢を比較するだけで、解けてしまう問題が少なくはありません。

出題者の意図をくみ取ることが出来て、正誤の表現を選別できれば、正解を導き出せる問題もあるのです。

近年の社会福祉士国家試験における5肢を一つ一つ分析して行くと、


「提案する」「連携する」「創出する」


というような、SWに求められる対応・役割的フレーズと、

「~すること(場合)もある」という、「含みをもたせる」選択肢は正解率が高いです。


他には、


拒絶・否定系フレーズ 「~してはいけない」

断言・限定フレーズ 「必ず(絶対)~である」

責任放棄・他力本願フレーズ 「任せる」


これらのフレーズも、不正解率が高いです。

 


ちなみに、この点は社会福祉士国家試験だけではなくて、センター入試の現代文や、精神保健福祉士においても共通しています。

 

実際に精神保健福祉士試験やメンタルヘルス・マネジメント検定受検において、時間短縮のために事例文に目を通さずに、選択肢同士で比較して解答を導き出すという方法を選んで正解が重なった経験もあります。



世の中には色々な考え方や例外が存在するため、そのように決めつけてしまう表現は、危険かつ普遍性がないという意味で、不適切の傾向が多いのです。


ただし、中には例外が存在しない、絶対的なキーワードも少なからず登場しますから、受験勉強時において、「正しい型」をしっかりとインプットして、本試験で見抜ける力を養うことも重要です。


第30回本試験以降、出題傾向や言い回しに変化がある可能性もありますし、ここで紹介している法則が「絶対的」に正しいというわけではありませんが、迷った時の一つとして意識してみてください。