社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

何のために社会福祉士試験を目指しているのかがわからなくなったら。


はっきり言って、何のために社会福祉士を目指しているのかがわからない。

 

こんな風に漠然とした思いを抱えながら、社会福祉士試験を受験される方は意外に多いようです。

 

福祉学科(コース)に入学したから、

福祉職ならば就職・転職がしやすいから、

専門職っていう響きがかっこいいから、

 

なんとなくの理由で受験を目指すと、以下のようなサイクルにはまりこんでしまう危険性が高くなります。

 

 

何のために受験を勉強しているのかがわからなくなる

勉強のやる気が激減する

勉強をやらなくなる

絶対合格が遠のいていく

 

 

なんとなくで勉強を開始すると、「やりたくない理由」がばかりが強くなってしまい、頓挫してしまうという結末です。

 

この記事を読んでいて、「受験の動機がわからないまま勉強している人間がいるのか」とあっけにとられている方もいらっしゃるかもしれません。

 

高い受験料を払い、血眼になって絶対合格をスローガンに掲げている方にとってみたら、「甘ったれるな」なんて怒りに似た感情が湧いてくる場合もあるかもしれません。

 

社会福祉士試験は年々本気で受験を目指している方の割合が増えているように感じています。その証がその年の合格点と合格率に表れています。

 

この試験に合格するための動機や目的がはっきりしている人間が絶対合格を手繰り寄せているとも言えます。

 

はっきり言って何のために何のために受験をするのだか分からない。

 

もしかしたら、あまりにも受験科目が多くて気持ちが滅入ってしまっているのかもしれません。

 

または、最初はやる気満々だったのに、あまりにも勉強が大変で、目的を見失っている方もいらっしゃるかもしれません。

 

そんな時はいっそのこと勉強をストップして、そもそも社会福祉士試験をなぜ目指そうとしているのかの根本的な部分について見つめ直したほうが良いでしょう。

 

なぜ1万円を超える高い受験料を払ってまでして受験するのか。

なぜ今年度の受験をエントリーするのか。

合格の先にどんなビジョンを描いているのか。

 

一時停止をして、あえて自分の意志で苦しい道を選んだ理由を整理することで曙光がさしてくるかもしれません。