社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

5月26日〜6月2日までに公開された精神社会福祉士・社会福祉士関連ニュースまとめ12


 

2019年5月26日〜6月2日までに公開された精神保健福祉士・社会福祉士が関連しているニュースを12まとめました。 川崎の事件が関連したニュースが多いです。



ひきこもりの相談先として、宮崎大教育学部の境泉洋(もとひろ)准教授(臨床心理学)は、「まずは全国にある『ひきこもり地域支援センター』の窓口に相談すること」と話す。

 支援センターは、厚生労働省の「ひきこもり対策推進事業」の一環で、各都道府県の精神保健福祉センターなどが運営する。社会福祉士や精神保健福祉士らを相談員として配置。家族からの相談や家庭訪問を通じて当事者らに支援を行うほか、ケースによって自治体や福祉事務所、医療機関など関係機関へと引き継ぎ、包括的な支援につなげる。


 

 「死にたいなら一人で死ぬべき」という声があがったが、社会福祉士の藤田孝典は「非難は控えてほしい」と訴えた。社会に恨みを募らせているような人をさらに追い込んでしまう、というのがその理由だ。 


 

筆者は吉川美津子(きっかわ・みつこ)社会福祉士。葬送・終活支援ソーシャルワーカー。葬祭業者、仏壇・墓石販売業者などで勤務後、独立。コンサルタントとして活躍するかたわら、介護&福祉の現場でも活動中。

 

 

 

同社はフレイル期までのシニアに向けた賃貸住宅「へーベルVillage(ヴィレッジ)」事業を2005年から開始。この住宅では、通報ボタンなど設備による見守り・駆けつけサービスや社会福祉士をはじめとした相談員が定期訪問する面談サービスをパッケージ化して提供。

 

 

以下、三記事の執筆者は、大美賀 直子(精神保健福祉士・産業カウンセラー)さん。


 

 

【大分県】

 

大分大は28日、2020年度に大学院に「福祉健康科学研究科」を新設する計画を発表した。理学療法士や社会福祉士、臨床心理士らを養成する3コースを設け、福祉の幅広いニーズに対応できる総合的人材を育成するのが目的。文部科学省に設置を申請しており、8月末に可否が決まる見通し。

 

【愛知県】

 

「親がおいしそうに飲む姿を見せることが大事」と言うのは、元名古屋学芸大ヒューマンケア学部教授で社会福祉士の坂鏡子さん(62)=愛知県知多市。「『飲めるかな』と心配そうに見守るより、子どもがまねしたくなるような手本を示してほしい」と呼び掛ける。


 

【東京都】

 

人形劇を使ってひきこもり問題に取り組んでいるという社会福祉士の女性のほか、牧師やキリスト教出版関係者の姿もあった。

 

 

【沖縄】

 

妻の由樹子さん(37)に勧められて社会福祉士の資格を取得したりしたが、「ずっと楽しく続けられる仕事をしたい」と思い立ってコーヒー店を始めた。


 

【和歌山県】

 

ひきこもり支援対策として、美浜町和田に拠点を置くNPO法人ヴィダ・リブレは、理事長の精神科医宮西照夫さんを中心に、臨床心理士、精神保健福祉士らがスクラムを組み、自身もひきこもり経験のあるメンタルサポーターが当事者の頑なな心を開かせる。