社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

8月31日までに公開された精神保健福祉士・社会福祉士関連ニュースまとめ5


 

 

 

 

「不登校は必要な時間だった」 経験者が苦しむ子どもたちへメッセージ

代表の広田悠大さん(24)も不登校の経験者だ。中学校でいじめにより不登校になったとき、桜美林大学が実施していた、教授や大学生から勉強を教わる週1回の不登校生支援に通い、自分も同じ境遇の子を支援したいと桜美林大学に入学。卒業後の現在はNPO法人で働きながら、会を立ち上げ、社会福祉士の資格取得を目指して通信制の星槎大学に在籍している。

 

 

 

 

札証でHokkaido Product鹿毛伊織代表取締役「道産野菜フレークのヘルスケアフードで5年後年商20億円目指す」

 

鹿毛氏は大阪府生まれでホームレス支援などのボランティア経験から「福祉」を志し、北海道医療大学に進学して社会福祉士や精神保健福祉士の国家資格を取得。卒業後に日本通運に入社、ニトリのロジサプライチェーンやコンサドーレの通販サイトの構築などを手掛けた。

 

 

 

屋上養蜂 活力も運んで 中高年引きこもり支援 文京の出版社が地域に開放

中高年も含め、引きこもり支援のボランティアや社会福祉士ら男女十五人ほどが参加を表明。今後、引きこもりの当事者が参加しやすい環境をつくっていく。

 

 

 

 

児童虐待 官民で防げ

 

児童虐待専門コーディネーターの清水友貴さん(27)は社会福祉士の資格を持つ。これまでも虐待の可能性がある子どもへの対応や関係機関との調整を担ってきた。

 

 

 

 

ボクシングの力とは何か──元日本ランキング1位、村松竜二さんが取り組む社会貢献

スタートは6年前だ。村松さんが所属していたジムに、星島一太さんという臨床心理士、精神保健福祉士の資格を持つ後輩がいる。言葉でうまく表現できない障害者に対するボクシング療法に早くから取り組み、当時は青梅市内にある障害者の自立支援施設でボクシングを教えていた。