社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第34回社会福祉士試験・第24回精神保健福祉士試験対策・第5回公認心理師試験対策がメインです。

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

資格のLECが第34回社会福祉士試験合格点予想を発表しました。


先程アクセスしたところ、 資格のLECから第34回社会福祉士試験講評が発表されていました。

 

合格基準点と難易度についても触れていましたので、昨年度分と併せて紹介いたします。

 

 

 

難易度としては、やや難化している部分もあったと思われますが、これまでと同様、参考書や過去の試験問題を活用し、頻出項目やその周辺知識について学習していれば、合格基準を期待できる試験であったと思われます。合格基準点については、第33回(93点)よりやや低くなると予想されます。 

 

 

参考:第33回社会福祉士試験

 

難易度としては、前回同様か、やや難化している
合格基準点は第32回試験の88点と同じかやや低くなると予想

 

 

参照:32回社会福祉士試験分析

 

難易度としては前回に比べ、やや難化している部分はあると思われますが、これまでと同様に参考書や過去の試験問題を活用し、頻出項目やその周辺知識について学習していれば、一定の点数が期待できる試験であったと思われます。
合格基準については、第31回(89点)と同じかやや低くなると予想されます。