社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験に40日以内で一発合格した管理人の学習法をベースに、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第36回社会福祉士試験・第26回精神保健福祉士試験対策・国家資格キャリアコンサルタント試験対策がメインですが、全ての資格試験に共通する効率勉強法を紹介しています。

社会福祉士試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間、キャリコン試験は約30日間独学で一発合格を果たし、公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

第26回精神保健福祉士国家試験感想・自己採点・解答速報まとめ

第36回社会福祉士国家試験感想・自己採点投票

間もなく社会福祉士試験まで残り一ヶ月。人生が上手くいかなくて、先が見えないからこそ絶対合格できます。


 

 

みなさんが社会福祉士や精神保健福祉士国家試験を目指される動機やモチベーションは、並々ならぬものがあると思われます。

 

自発的ではなくて、会社や家庭の事情で求められて受験なさる方もおられるでしょう。

 

共通して、今の自分よりもステップアップしてより良く生きたいという方が多いのではないでしょうか。

 

私が社会福祉士国家試験を受験した当時は20代後半でした。

 

非正規雇用の身で、単年度契約更新でいつまでもこの職場にいられないという不安と隣合わせで受験を目指していました。

 

次のキャリアを見据える上でも、職務経験だけではなくて、社会福祉士資格を取得することで、ステップアップしたい、その一心で仕事と勉強の両立を続けていました。

 

1月のこの時期は、試験が一ヶ月を切った不安や、年度末が近づいていたので、4月以降の進路が定まっていなかったので、常に精神が緊張状態だった記憶があります。

 

社会福祉士試験に受かったら、当時の職場を退職して、新しい一歩を踏み出すと決めていましたが、もしもそうでなかった場合でも、契約更新を選ぶつもりはありませんでした。

 

合格発表日が3月中旬でしたので、ギリギリまで進路が定まらない状態でしたが、不退転の決意で挑んだからこそ、40日程の追い込み勉強で合格を成し遂げることができたと振り返っています。

 

その後紆余曲折ありましたが、社会福祉士登録後の半年後には、初の有資格者限定の職務に就けたり、その後も社会福祉士が必須の職場につながることができました。

 

正社員に初めて就いたのは、30代に入ってからでしたが、社会福祉士資格を取るまでと、取った後の経験含めて一つも無駄なものはなくて、むしろ下積みが全て今に活かされていると自負しています。

 

ですので、受験生の皆様は今が一番しんどいピークだと思われますが、その先に待っている合格もそうでしすし、もっと先の新しい未来にも必ずこの経験がつながっていきますので、報われるはずです。

 

中には、初回受験だけではなくて、何度も何度も挑戦し続けている方がいらっしゃることを私は知っています。

 


かつての私のように、

 

「今から勉強を始めても遅すぎる、無理でしょ」


と、傍観者の指摘を受けて、やる気を削がれてしまう方も少なくはないと思います。

 

時には悔し涙に埋もれた日もあったでしょうし、理不尽な思いを経験した時もあったでしょう。

 

 

それでも、みなさんは諦めるという選択肢を取らずに、今こうして苦行の道を進みながら絶対合格に向けて一歩一歩ステップアップなさっています。

 

現在募集中の合格祈願絵馬メッセージでも、8回目の挑戦で、見事に社会福祉士試験に合格なさった方もおられます。

 

www.zettaigoukaku.com

 

 

大丈夫。
最後に運命を分けるのは、諦めない心と合格への念の強さです。


今が一番の正念場です。


暗中模索をしているようでも、光は差し込んできます。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20210131171723j:plain

 

 

みなさんが3月5日に絶対合格の下、うれし涙を流しながら喜びを分かち合える日を信じて私も一緒に闘います。

 

ラストスパートを一緒に走りましょう!!

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20210204102916p:plain