社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士国家試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格、公認心理師試験はラストチャンスでリベンジ合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第35回社会福祉士試験・第25回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

5月の始まり


5月と言うと、「5月病」というマイナスイメージがつい浮かんできそうになりますが、例年社会福祉士試験に合格された方の中で、この5月から初めて着手されたという声が聴かれています。

まだ5月だし、今いちやる気が起きない方が大多数でしょうし、この時期から毎日3時間以上継続している方の方が少数派だと思われます。

もちろん、早く学習を開始されることは、本試験においても力を蓄えやすいですが、この時期に力みすぎてしまい、次第に尻すぼみになってしまい、本番直前になって慌てて再開される方もいらっしゃるようですから、この時期から開始することが推奨的であると断言できる話ではありません。

ただ、このくらいから試験を意識するようになった方は、テキストや問題集を揃えていなくても、学校の課題に集中していたり、読解力を高めるために、読書に力を入れているような下積みを重ねていらっしゃる方が多いようです。

結果として、長期にわたる受験勉強のモチベーションを維持できたり、本番で求められる応用力を培えるトレーニングにもつながっているようです。


みなさんにとって、どのような5月の始まりになるのか、これからが楽しみになる季節でもあります。