社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士国家試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格、公認心理師試験はラストチャンスでリベンジ合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第35回社会福祉士試験・第25回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

『見て覚えるナビ』筆者の伊東講師が試験を講評されました。


ご存知『見て覚えるナビ』筆者の伊東講師が、自身のブログにて、第27回社会福祉士国家試験を分析されています。


昨年よりも、難易度は高いと分析されており、今年のボーダー予想を「80点」前後になると推測されています。
77点~83点の範疇に収まるとのことです。


第27回試験 ①難しい24問、②普通106問、③易しい20問 ⇒80点


詳しくはブログをご覧ください。



ちなみに去年の分析は、以下の通りでした。



第24回試験 ①難しい40問、②普通86問、③易しい24問 ⇒ 合格基準81点(合格率26%)

第25回試験 ①難しい50問、②普通77問、③易しい23問 ⇒ 合格基準72点(合格率19%)

第26回試験 ①難しい20問、②普通105問、易しい25問 ⇒ 合格基準84点(合格率27.5%)


という配分になっています。


>昨年くらいの合格率(19%)だと、80点台後半になると思いますが、合格率が30%近くに回復するのであれば、「85点前後」くらいになるような気がします。

結果は見事に84点でした。


80点前後の方にとっては、希望の光が見えてきますね!