社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士国家試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格、公認心理師試験はラストチャンスでリベンジ合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第35回社会福祉士試験・第25回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

一冊のテキストを信じて受験に立ち向かってください


試験に合格するために、とにかくたくさんのテキストや参考書を買い漁って、あれこれ手を出すことは、合理的であるとは思いません。

これは、宅建試験で痛感した私の実体験からもそう言えますし、周りの受験生を見ていてもそう言えます。

受験開始直前は、モチベーションも高いので、参考書や問題集を揃えただけで、合格した気になったり、やる気がメラメラ湧いてくるものです。

しかしながら、受験直前になると、自分の学習法に不安になって、別のテキストが買いたくなったり、くら替えしたくなる心理が働きやすくなるものです。


電車の中や図書館で学習している人のテキストを見たり、同級生が使っている物やネット上の意見を集めると、自分とは違う勉強法やテキストを使っている不安や焦燥感に駆られやすいです。


ですが、自分が選んだテキストは、最後まで信じて貫いてください。

試験直前に不安から他のテキストに目移りすると、不合格になってしまう危険性が高いです。

中途半端な知識と最後までやり抜いた達成感がないまま当日を迎えることになるからです。



私が使っていたテキストで勉強している人は周りでは皆無でした。

12月の大学の最後の講義で、先生が受験を志す上で下記のようなメッセージを残してくれました。


「この時期は不安になって今使っている問題集以外にも手をつけたくなるとは思いますが、それは止めくださいね」


十人十色の勉強法がありますから、自分に合ったテキストと学習スタイルで臨めば必ず結果はついてきます。