社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

合格発表まであと一週間に迫りました。


合格発表日まであと7日。

 

ここで過去5年分の合格発表当日の印象を振り返ってみたいと思います。

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170302204411j:plain

 

 



第25回試験は歴史上に残る衝撃の回でした。

絶対合格ブログを設立して1年目だっただけに、忘れられないくらいインパクトの強すぎる回になりました。

 

第24回試験が81点という合格点だったので、自己採点投票も80点以上の合格点になることを想定して用意しましたが、試験終了後の夜に自己採点を行った方の点数が圧倒的に80点台が少ないという未曾有の展開になりました。

 

そのため、急遽70点台の方専用の投票を用意するに至りました。

 

合格点の行方はもちろんのこと、試験構成について納得できない方の書き込みが目立ち、荒れていた時期もありました。

 

波乱の末に待っていた合格点はなんと史上初の72点で、不適切問題は0という結果に終わりました。

一部90点以上という高得点で合格という人間もいましたが、75点前後で合格された方の声が際立ちました。

中には、72点ジャストで合格された方の喜びの声も聴こえました。



第26回試験は前回の反省を踏まえてか、一気に合格点が上がって84点という結果に終わり、第25回試験で悔しい思いをされた方が高得点を出されていた点が印象的でした。

 


第27回試験では合格水準が跳ね上がったものの、第26回試験以前に地力を固められたリベンジ受験生の多くが勝どきの声を上げておられた姿が印象強く残っています。

第28回試験では2年連続88点という高水準に終わりましたが、88点ジャストでリベンジ合格を果たされた方や、異業界から転職のために受験された方が勝利をつかみ取った喜びの声が今でも脳裏に焼き付いています。

 

不適切問題が2問発生したことで、自己採点では諦めていたものの、逆転ホームランを打ったかのように見事な結末を迎えられた方々が複数いらっしゃる年でした。

 

そして、直近の第29回は、2年連続で88点という流れを受けて、88点以上になるのではないかという不安を最後まで持っていた方が多々いらっしゃいましたが、蓋を開けて見れば、86点に収まり、「苦労が報われた」と歓喜されていた方々が記憶に新しいです。



過去5回の試験でみなさんに共通していたのは、


それでも、自分は合格できるのではないか


というイメージを、合格発表日まで描いていたようです。



言葉では表せない「受かる気がする」第六感のようなものも働いていた方もいました。

 

 

再チャレンジされた方にとっては、悔しさや切なさを五臓六腑で受け止められて、絶対合格への思いはひとしおのはず。

 

その時まであと、7日。

十人十色のみなさんの想いが具現化されることを待ちましょう。


念ずれば、花開きますように。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20170302204523j:plain