社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

とにかく色々大変すぎて勉強をする気が起きないんだから!


仕事が大変
家事が大変
育児が大変
介護が大変
学校が大変
就活が大変

 

とにかく大変すぎてとても受験勉強に力を入れている場合じゃないよ(汗)。

 

勉強以前に日常生活でこなさなければならない問題が山積みで、勉強そのものに取り組む気力すら起きない方々は少なくはないことだと想像します。

 

毎年受験生からのつぶやきで、冒頭に上げた生声のいくつかが木霊しています。

 

○○が忙しいから余裕がなくて勉強できない。

 

ですが、現実は非情です。

 

どれだけ個々人が大変な環境下に置かれているからといって、試験センターが温情で合否に補正措置が施されたり、合格率が上がるわけではないですよね。

 

易化しているどころか、年々試験問題が変化していて合格点が7割近くになっている傾向からも、多くの受験生が苦しみながらも必死に挑んでいらっしゃいます。

 

そうは言っても、忙しいから勉強をする余裕がない、片手間で受かるはずがないと弱音を吐きたくなる気持ちは痛いほどわかります。

 

私も社会人になってから、働きながら各資格試験に臨んでいるので、とてもではないけれども、勉強に力が入らない日も一度や二度ではありませんでした。

 

そんな精神の波が激しくても、なんとか数十個の試験に合格できた実感からこう言えます。

 

どれだけ仕事が忙しくて、学生時代に優秀ではなかったとしても、勉強との両立で合格は可能であると。

 

「私とあなたは違うから、一概にはそう言えないはずだし、比較にならない」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

 

けれども、昔から私のブログをご覧になっている方はご存知だと思いますが、私はもとからの秀才組ではありません。

 

中学生時代の成績は標準以下でしたし、通っていた学習塾でも落ちこぼれの部類で勉強嫌いの少年でした。

 

中学時代は英語や数学のテストで一桁(5点)を取ったことも何度もありますし、

高校時代には理数科目が最下位クラスに選別され、大学時代には、ある授業で「世の中を変えるためにあなたが考えること」というテーマのレポートに対して、「政治家たちになんとか頑張ってもらわないと」と他力本願なことを書き、教授に読み上げられて、「こういう考えの人間がいるから世の中が変わらないんだ」とダメな人間の烙印を押されることもあったほどです。

 

 

ダメダメエピソードは他にも数えきれないくらいある私ですが、そんな私でもなんとか社会福祉士精神保健福祉士試験に受かりました。

 

過去の成績はマイナスでしかないと思われがちですが、コンプレックスをバネにして自分を変えるためのモチベーションに転換させることがメリットです。

 

みなさんだって、「私でもなんとかなる」と思っていただけるようにこのブログは存在しています。

 

ポイントは、「こんな自分でもなんとか受かる」というセルフイメージを常に描きつづけることと、二足のわらじ式勉強スタイルでも受かると信じることです。

 

そして次に大切なのが、「あれこれ右往左往せずに、一つの勉強法に絞って腹をくくる勇気を持つ」ことです。

 

いざ勉強のお供を定めたとしても、ふとした瞬間に、「あの参考書・問題集じゃないと落ちるんじゃないか」という不安がよぎってモチベーションが下がってしまうこともあるかもしれません。

 

周囲の受験生が使っている問題集が自分のものではなかったり、売上げランキングが上位のものでなかったことを後で知って、急に不安になることもあるかもしれません。

 

はっきり言いますが、どの参考書も問題集も合否には大差はありません。

 

自分がインスピレーションでこれだ!と思った(もしくは学校や先輩から推奨された物かもしれませんが)物なのですから、受験当日のその日まで相棒のように付き合ってみてください。

 

そして、1冊を徹底的にマスターすると決意したら、ブレずにまずは完遂してみてください。

 

私はそうして合格を形にすることに成功しました。

 

合格を果たすためには、「これだ!」と信じた問題集や勉強法をひたすら繰り返すことが何よりも大切になってきます。

 

「周りとは違うから」という比較しての不安に惑わされずに、自分が決めたやり方を残りの5ヶ月ちょっとトライしてみてくださいね。