社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験に40日以内で一発合格した管理人の学習法をベースに、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第36回社会福祉士試験・第26回精神保健福祉士試験対策・国家資格キャリアコンサルタント試験対策がメインですが、全ての資格試験に共通する効率勉強法を紹介しています。

社会福祉士試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間、キャリコン試験は約30日間独学で一発合格を果たし、公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

第26回精神保健福祉士国家試験感想・自己採点・解答速報まとめ

第36回社会福祉士国家試験感想・自己採点投票

第23回国家資格キャリアコンサルタント学科試験まであとわずか。この勉強で良いのか不安になったら。


 

第23回国家資格キャリアコンサルタント学科試験まで、あと10日程ですね。

 

来るべき時に備えて牙を研いでいる段階だと思われますが、以下のような思いが芽生え始めてはいないでしょうか。

 

 

この勉強法は正しいのだろうか。

問題集ばかり解いているけれども、本番で通用しなかったらどうしよう。

 

 

 

このような不安は、私自身もありました。

 

試験まで過去問のみで挑むと決めていたのもあり、もしもそのやり方が外れてしまったらどうしようかという思いは、本番までつきまといました。

 

 

キャリコン学科試験は、過去問をやればやるほど合格できる試験になっています。

 

 

勉強すればするほど報われる試験とも言えます。

 

 

本番を開けてみてビックリしたのが、過去問とうりふたつの出題が目に飛び込んできたのです。

 

これまで20以上の試験を受けてきましたが、過去問まんまパターンは初でした。

 

仮に初見問題が飛び込んできたとしても、過去問をマスターしていれば、消去法でクリアできるようになります。

 

 

全部で15問間違えられるので、過去問を繰り返しマスターしておくことで、「15問も間違えられる」という余裕を持てるようにもなります。

 

 

ですので、ひたすら問題を解いて解きまくる式を信じ続けてみてください。

 

本番で「やっていた良かった」と振り返られるはずですよ。