社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士・精神保健福祉士国家試験に40日以内で一発合格した管理人の学習法をベースに、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第37回社会福祉士試験・第27回精神保健福祉士試験対策・国家資格キャリアコンサルタント試験対策がメインですが、全ての資格試験に共通する効率勉強法を紹介しています。

社会福祉士試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間、キャリコン試験は約30日間独学で一発合格を果たし、公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

第25回国家資格キャリアコンサルタント試験(学科・論述・面接)まとめ【自己採点・感想投票】

不安でいっぱいの第24回国家資格キャリアコンサルタント学科試験前日及び当日に贈る言葉


第24回国家資格キャリアコンサルタント学科及び論述試験が明日に迫りました。

 

早く受験をしたい方、時間が足りなくて最後の追い込みに駆られている方等、受験事情はそれぞれであると想像しております。

 

かくいう私は試験前日と当日は、最後に取っておいた最新の統計問題を一夜漬けのように詰め込んでいた記憶があります。

 

みなさん、仕事や家庭や学校等の両立で本番を迎えるので、かんぺきな状態で試験を迎えられる受験生はそう多くはないとは思います。

 

この試験は、学科ですと全体の7割取れれば合格ですから、完全に網羅しようとしなくても、合格は可能な試験です。

 

また、論述試験の場合は、自分の主観でかんぺきだと判断しても、採点基準は学科と異なり、全公開されておりませんし、試験官の視点とは異なる場合があるので、いずれにしても、ベストを尽くされることが大事なのですよね。

 

 

「もしも事前勉強しなかった部分がでたらどうしよう」「苦手分野の人物と理論が多数出たらヤバい」「論述のテーマが苦手だったらどうしよう」とか、不安はつきない状況かもしれません。

 

私もそうでした。これまで勉強に費やしてきた日々や投資した金額等が無駄になってしまうことだけは避けたいという気持ちが強かったからというのもあります。

実際に学科試験を解いてみて、感覚的には7割解けていた自信はありませんでした。
これは過去問で出てきた問題と被っていた、または類似で6割いけたかどうかくらいの手応えでした。

 


 

論述試験についても、事前対策をほとんどしないまま、受験せずに帰ろうかどうか最後まで悩んだのですが、前述したように、多額の試験代等を支払ったことからも、記念受験も込めてトライしてみたような感覚でした。

 

その結果は、手応えがあるとは言えないもので、事前練習をしてこなかった分、枠外にはみだして記述をしてしまう等、ケアレスミスをやらかす等、とても合格圏内に入れるかどうかは自信を持てない出来具合でした。

 


 

その後の実技面接試験も同様の手応えでしたが、結果的には予想以上に高得点を得られることができました。

 

この体験からも、自己評価と試験評価は異なる場合が多々ありますし、模範解答に照らし合わせてみると、案外解けていたという受験あるある体験も存在します。

 

だから、とにかく諦めないで、周りの受験生がどれだけ賢そうに見えても、受験の主人公はあくまでもみなさんです。それに学科試験は受験生全体の出来具合で合否が分かれる相対評価ではないので、みなさん自身がベストを尽くせれば、きっとうまくいくはずです。

 

当時の話になりますが、昼休憩の時間に、講習で知り合ったと思われる受験生グループが、学科試験の振り返りをしていましたが、みなさん「できなかった」と口を揃えていました。

 

試験会場の見た目ではクールに見えても、みなさんが難しいと思っていたら、他の多くの方も同じ感覚なのかもしれません。

 

最後まで諦めずに、やり抜いた方に絶対合格の冬桜が開花しますよう、願っております。

 

 

キャリコン対策記事まとめ