社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

第32回社会福祉士試験があと1週間に迫りました。



ついに本番まで一週間を切ってしまったよ。
もっと勉強していれば、こんなに焦らずに本番を迎えられるのに。

 

もしも本番で見たことのない問題が出題されたら、どうしよう。

 

 


本番が直前に迫っているからこそ、「タラレバ」を想像しながら戦々恐々とされている方は少なくはないと思われます。


本試験の出題と合格点が「未知」だからこそ、将来がかかっているからこそ、プレッシャーが押し寄せてくるのは受験生誰もに共通しています。

こんなふうに文章で書いている分には余裕に見えますし、もう試験から遠ざかっているから第三者的なことが書けるのだとツッコミたくなる方もいらっしゃるかもしれませんよね。

 

私も社会福祉士試験と精神保健福祉士試験の受験直前は相当ピリピリしていましたし、絶対に落ちられないというプレッシャーから余裕等かましていられるような心境ではありませんでした。

 

会社の人間に受験宣言をしてしまい、落ちてしまうことで恥をかけない、実習や学校と仕事を両立することができたのは会社の理解があったからこそなので、絶対に受からないといけないという念に駆られていました。

 

先が見えなくなった時には防衛本能から出来ない理由、足りない部分にばかり視線が向いてしまいがちですが、これまで投げ出さずに到達してきた道のりと合格魂が全ての原動力に変わります。

 

 

「タラレバ」は不安が描き出した幻影に過ぎません。

 


本番で待っている未来は、「杞憂」という言葉に変わることでしょう。

 

「出ないお化け」という言葉があるように、蓋を開けてみれば、案外楽に進んで、想像の世界とは違っているケースが大半です。

 

 

歴代の合格者の声を振り返ると、事前に最悪の予想をされて構えていらっしゃる方ほど慎重で、秘めた力を持っているという印象を持っています。



本当に努力を放棄した人間ならば、「もしも」のIFストーリーを思い浮かべることすらしないものです。


みなさんには、十人十色の努力してきた蓄積があります。

 

たとえ冊子に何が書かれているか判らない国家試験だとしても、振り切れます。

 



過去の軌跡からも、150点中の100点を取れれば合格ラインです。
極端な話、分からない問題が50問あっても、合格できる仕組みになっています。


案ずるよりも、産むが易し。


この試験は、これまで苦労されてきた人ほど、実際には、結果がしっかりついてくるようになっています。



もしも、本番では今まで培ってきた実力を発揮することが出来たら・・・・・・



その先に待っているのは合格と言う現実です。


私は日々努力されているみなさんの声を聴いていると、このような希望的観測ができます。

ここまで来たら、もはや不安の不は不要です。

信じる心を込めれば安心に変わり、輝く未来が間近に見えてきます。

 

絶対合格フレンズとともに、このままの勢いで不安をふっ飛ばしましょうね。

 

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20161123180212p:plain

もっと勉強していたら、もっと勉強していればの「タラレバ」モードよりも、合格しタイ!自分ならウカ!出来!「タイル」モードに切り替えれば本番はタエラレルだよ!

 

f:id:zettaigoukaku-swpsw:20161122201450p:plain

あなたならウカるんです♪