社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

初回受験の方も、再受験の方も、絶対合格を成就するための必勝法とメンタルサポートを提供します。

マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

東京地方検察庁で、社会福祉士を募集


先日、ラーメン屋においてある読売新聞を読んでいたところ、興味深い一面がありました。

東京地方検察庁は、来年から社会福祉士を初めて採用し、再犯防止策の枠組みから漏れていた高齢犯罪者らの社会復帰に本格的に取り組むとのこと。

まず、東京地検が1月に1人を非常勤職員として採用し、他の地検でも検討するようです。


社会福祉士に期待されているのは、再犯防止と、釈放後の支援のようです。


刑務所に昨年入った65歳以上の受刑者2,028人のうち、入所が2度目以上のいわゆる再犯者は1,416人(69.8%)と高くなっている背景について、職や住居がないことが主な理由だそうです。

一方、住居確保などは主に刑務所からの出所者を対象に行われ、執行猶予付きの判決を受けるなどして釈放された人たちへの支援は手薄だといいます。

平成25年度以降、どの程度拡充していくのか、今後の動向に注目しています。

東京地方検察庁非常勤職員募集のお知らせ