社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。今年で7年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第34回社会福祉士試験・第24回精神保健福祉士試験対策・第5回公認心理師試験対策がメインです。

第24回社会福祉士国家試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

近畿自治体で専門職採用広がる 臨床心理士・社会福祉士など


専門的な資格や知識を持つ人材を、職員として採用する近畿の自治体が増えている。いじめ問題や原子力防災など、一般職員の知識では対応しきれない政策課題が増えたことが背景にある。弁護士を採用する事例が多いが、最近では公認会計士臨床心理士社会福祉士など、分野も広がり始めた。市民サービスの拡充ばかりでなく、庁内の活性化にも役立つという。

(日本経済新聞 2013年10月12日より引用)


詳しい記事の内容はこちらをご覧ください。


社会福祉士が専門職として要されていることがうかがえる最近のニュースの一つです。
やはり行政の場で、かつ多くは期限付き任用とのことですが、社会福祉士などの場合、行政で働いた経験がその後の就職で有利に働く場合もあるそうです。

社会福祉士の活躍の場が広がっているニュースを今後も発見し次第お伝えいたします。