社会福祉士国家試験「今年こそは絶対合格計画」

社会福祉士国家試験は約35日間、精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格、公認心理師試験はラストチャンスでリベンジ合格を果たしました。今年で11年目の絶対合格ブログは、過去問先行型学習法をベースにしています。仕事と家庭の両立に苦戦されている社会人や、就活と卒論の両立で余裕がない学生が最短ルートで効率よく合格をつかみ取るための必勝法を伝授します。 マークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

MENU

第35回社会福祉士試験・第25回精神保健福祉士試験対策・第6回公認心理師国家試験対策がメインです。

第24回社会福祉士試験は約35日間、第17回精神保健福祉士試験は約20日間で一発合格を果たしました。

第5回公認心理師試験は1日1時間未満、楽学勉強法中心でリベンジ合格を果たしています。

「今年こそは絶対合格」を成就するためのリベンジ合格法とメンタルサポートを中心に提供します。

試験前から合格発表日までのマークミスの不安、孤独な勉強の不安等、不安を不っ飛ばして“安心”に変えられるブログを目指しています。

「分かったつもり」が実は怖い


このブログで何度も推奨している反復学習とは、復習を中心に、何度も何度も繰り返し同じ問題を解いて覚える学習法のことです。

実際にやってみると、これが簡単なようで、面倒な作業だったりするんですよね。

と言うのも、一度問題を解き終えると、分かったつもりになってしまい、復習なんかしなくても記憶している気分になりがちだからです。

また、記憶力に自信がない故に、過去に学習したページに戻って、もしも全然覚えていなかったら、やる気がなくなってしまう恐怖から、気おくれに繋がってしまうこともあります。

実際に私がそうだったのですが、自分の記憶力や理解度から目を背けるように、復習を放置して、先に進んで行っても、合格レベルには達することができませんでした。一年目の宅建受験の学習法が、まさにそうです。

人間一部の天才と呼ばれる脳の持ち主を除いて、一部や二度問題を解いただけで、全ての記憶はできません。
反復学習の継続によって、記憶が定着して行くのです。
過去に戻って再確認することをなおざりにしないでください。

確かな知識を身につけるために、自分の弱さを認める勇気も大切です。